By

あけましておめでとうございます!

あけましておめでとうございます!

昨年は区議会議員活動が2年目に入り、活動の幅が広がるとともに、おかげさまで提案が実現に結びつく事案が増えました。熊本地震の被災地へは避難時期と復興開始時期との2回訪問し、都内では特養や福祉施設を積極的に視察しました。また、区内の小中学校にも頻繁に足を運び、児童養護や保育業界の自主研究会にも参加しました。

とりわけ被害の大きかった益城町

とりわけ被害の大きかった益城町

総合防災訓練「SHIBUYA BOSAI FES.」

総合防災訓練「SHIBUYA BOSAI FES.」

昨年、渋谷区議会の代表質問で取り上げ提案したことのうち、実現に向けて動き出したものを簡単に列挙すると次のとおりです。

 

・介護家族を含む高齢者生活支援サービスについて、民間のサービスをまとめて紹介できるポータルサイトを構築。高齢者やそのご家族が集う認知症カフェに端末を設置し情報提供。

・災害からの早期復興に寄与する地籍調査について、未着手だった渋谷区において全区域調査を実施。

渋谷消防団が支援活動として熊本等の被災地へ行く場合に、区が費用などを支援

・渋谷区のPRキャラクター「あいりっすん」のいとこ「あやめちゃん」のキャラクター化など、災害時に心の支えとなる愛嬌重視の第二キャラクターを創設。

・年々盛り上がりを見せる渋谷・表参道ウィメンズランで、女性支援のためのチャリティを創設。

・ICT教育について、来年度小学校において全校タブレット端末、通信環境、電子黒板、デジタル教科書等を配備中学校では来年度にモデル校を設置し、全校に配備できるよう計画。

・ICT教育について、民間事業者に全て依存するということではなく、児童にとって使い勝手のいいソフト、またはソフトの自由度など実践に即したアプリケーションを導入。

・ICT教育について、導入後のメンテナンスやサポート体制も構築。

・事業資金融資あっせん制度対象事業について、区内の産業振興の中で特徴があり重点的な支援が必要な分野を戦略的に拡大

観光振興にセグウェイの導入について、区の管理地やイベント内での走行から取りかかり、公道を利用した観光ツアーヘチヤレンジ。

・子ども食堂について、代官山ティーンズクリエイティブ、かぞくのアトリエ、社会教育館など調理室を備えた区施設を活用

・稼働率が概ね10%程度の社会教育館の託児室を、親子室や託児サービスに有効活用。

 

細かく言えばまだありますし、本会議での質問だけが提案ではないのですが、ちょうど平成28年度前半の活動をまとめたところでしたので取り上げました。本年はさらに攻めの活動を展開したいと考えております。

本年も変わらぬご支援・ご指導のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

 

池田市の不登校を半減させた、全国初の公民連携フリースクール「スマイルファクトリー」を会派で視察

池田市の不登校を半減させた、全国初の公民連携フリースクール「スマイルファクトリー」を会派で視察

特区としてセグウェイの公道走行実証実験を行う世田谷区二子玉川を視察

特区としてセグウェイの公道走行実証実験を行う世田谷区二子玉川を視察

By

渋谷区にも女子7人制ラグビーチームがあればと思った日

女子7人制ラグビーリオ五輪代表選手が決まりましたが、バックアップ2名を含む14名のうち、なんと9名がアルカスクイーン熊谷の選手です。その9名のひとり、アルカスクイーン熊谷のキャプテンでもある竹内亜弥選手に、9月24日開催予定の京大以文会(京都大学文学部同窓会)東京支部総会で講演してもらいます。

ということで、京大以文会東京支部長の奥田さん、幹事の植木さん(サンマーク出版社長)と一緒に、アルカス熊谷主催のリオ五輪日本代表選手壮行会に行って来ました。

竹内亜弥選手壮行会_n

竹内選手は2009年京大文学部卒ですが、大学時代はバレーボールの選手でした。新潮社に新卒入社するのと同時にラグビーを始め、現在は新潮社を休職して7人制ラグビーに専念しています。
壮行会2_n

熊谷市は「ラグビータウン」を標榜しているだけあって地元の熱の入れ方もすごく、産官学連携で創り上げたチームだそうです。渋谷区にもこんなチームがあるといいなと思いました。
選手たちは明後日リオに向けて出発するそうです。

By

夏祭りシーズンが始まりました!

本格的な夏祭りシーズンに突入しまして、笹塚サマーフェスティバル(7/22~23)では、田中たくみ事務所のある笹塚大通り商店街も共催してますので、飲食を販売する屋台も手伝いました。生ビール300円、枝豆100円、フランクフルト200円、フライドポテト200円、イカちぢみ200円、揚げたこ焼300円。笹塚・幡ヶ谷エリアのお祭りは、屋台もテキ屋ではなく地元の人たちが手作りしてます。プログラムの目玉はよさこいでした。

笹塚まつり01 笹塚祭り03n 笹塚祭り02_n

幡ヶ谷6号通商店街夏祭り(7/22)のメインは子どもたちが異様に盛り上がるビンゴ大会。冒頭で挨拶を求められたので、「もし欲しいものが当たらなかった人は、お父さんお母さんに商店街で買ってもらってくださいね」と言っておきました。

6号まつり01n 6号まつり02n

西原商店街夏祭り(7/23~24)のメインは阿波おどりです。ただでさえ通行困難なほど混雑している道幅4m程度の通りを、100人からなる連が通っていくのは、なかなか迫力があります。商店街事務所に来賓用の席をご用意いただいて、飲み食いしてたら写真を撮り忘れました。

By

渋谷区内にある常時測定所の視察

渋谷区本町にある複合施設「地域交流センター本町」の屋上に本年6月より常時測定所が移設されました。

この複合施設は児童青少年センター「フレンズ本町」、認定こども園「本町そよかぜこども園」とともに本年4月に開設された新しい施設です。

屋上に移設された常時測定所で何を測っているかというと、窒素酸化物、オキシダント、浮遊粒子状物質と風速・風向・温度・湿度です。

写真にあるように屋外の取込口から空気を採取し、屋内の計器で24時間365日(今年は366日)計測しています。

1681-1 1679-11678-1

By

渋谷区立小学校の運動会

本日は渋谷区立小学校の運動会集中日でした。

区内11校が同じ日に開催したようですが、私は地元の笹塚小学校と中幡小学校とをはしごして出席してきました。

くもり空で暑くもなく雨でもない絶妙な天気ぐあいは、まさに運動会日和だったと思います。

笹塚小運動会

笹塚小運動会

笹塚小運動会

中幡小運動会

中幡小運動会

中幡小運動会
中幡小運動会

笹塚小運動会003中幡小運動会003

 

By

第17回せせらぎまつり

合言葉は「せせらぎへ行こう!」。
第17回となる今年のせせらぎまつりは、2016年5月8日(日)に開催され、多くの区民のみなさんが楽しみました。
せせらぎまつりとは、渋谷区社会福祉協議会をはじめ渋谷区内で活動するボランティア、地域団体、NPO、企業などが交流し、共に支え合う福祉の心を育むことで新たな地域コミュニティの構築をめざすお祭りです。渋谷区西原にある総合ケアコミュニティ・せせらぎを会場に毎年開催しています。

私は10時からの開会式に出席し、午後まで会場内をひとめぐり楽しみました。屋台の食べ物もなかなかレベルが高く、茶の湯やコンサート、大道芸、スタンプラリーなど大人も子どもも楽しめるイベントでした。毎年3,000人以上の来場者があります。
せせらぎ01

せせらぎ02

せせらぎ03

せせらぎ04

せせらぎ05

By

平成28年度入学式に思うこと

入学式も卒業式も縁遠いものと思っていましたが、議員になってみれば確かにこれらの式典への出席も重要な政治活動のひとつです。
4月6日(水)渋谷区立笹塚小学校入学式、7日(木)渋谷区立笹塚中学校入学式、8日(金)渋谷区立本町幼稚園入園式と、それぞれ3月の卒業式に出席したところと同じ学校の入学(園)式に出席してきました。
nyuugakusikisyasinn
自分のときの記憶をたどり、「そういえば来賓という人たちがいたな」と思い出しつつ、あのときよくわからなかった人たちの正体は今の自分かと、妙な納得をしました。

さて、卒業式では来賓席に座りながら思わずもらい泣きをしてしまうという恥ずかしい思いをしましたが、入学式はそんな湿りっ気は全くなく、緊張しながら晴れやかに入場してくる新入生のかわいらしさが目立ちました。

ちなみに、笹塚小学校は昨年より新入生がぐんと増えて89名。なんと15年ぶりの3クラス構成だそうです。もっとも、昨年も前年より多い70名で、あと1名で3クラスになるところでしたから、もし今年2年生に1名でも転入生がいれば、学校全体で昨年より2クラス増やす必要があったことになり、この少子化の時代にあって「いつの時代の悩みか」と思うような嬉しい悩みですね。

渋谷区立笹塚小学校入学式 式次第

渋谷区立笹塚小学校入学式 式次第

渋谷区立笹塚中学校入学式 式次第

渋谷区立笹塚中学校入学式 式次第

渋谷区立本町幼稚園入園式しおり

渋谷区立本町幼稚園入園式しおり

By

区民複合施設代々木の杜 開設式典に出席しました

本日は午後から予算特別委員会の採決ですが、午前中は
区民複合施設「代々木の杜」の開設式に出席してきました。
旧代々木小学校をリニューアルし、地域交流センター、保育施設、児童発達支援施設が同居する複合施設に生まれ変わりました。

地域交流センター代々木の杜は、ジュニアからシニアまで誰もが集い憩える場として、地域活動や世代間交流、親睦を促進するための施設です。

キッズハーモニー・よよぎの杜は、6 月開設予定の私立認可園です。定員122 人、4~5 月は認可外保育施設として運営します。

代々木の杜ピア・キッズは、療育の観点から集団療育を行う必要が認められる未就学児のための児童発達支援施設です。
全景

開所式

ピアキッズ1

ピアキッズ2

キッズハーモニー

地域交流センター

ページの先頭へ